スーパートラストマンション

ペットブームのこのご時世でも、賃貸ではほとんどがペット禁止です。上の階の人が歩き回る音と振動が伝ピアノや楽器演奏も基本的にはできわり、隣の部屋で言い争う声は筒抜け。夕食時になるとどこからともなくカレーの匂いが漂ってきて部屋中ません。思う存分趣味を楽しめる環境ではないのです。どの物件も劣化が激しい素材を使ってあるので、20年も建たないうちに古びてきます。建て替えのために急に立ち退きを要求されることもあるのです。それでは、これらの問題をすべて解決できる賃貸住宅があればどうでしょうか。もっと広くて、もっときれいで、もっと設備のいい物件に住めるという新しい選択肢があったとしたら、皆さんは迷わず賃貸を選ぶのではないでしょうか。その新しい選択肢を実現したのが、スーパートラストマンションです。スーパートラストマンションは日本初の永住型賃貸マンションです。日本の賃貸住宅の平均の大きさは45㎡です。ここに平均して親子3人が住んでいます。これに対して、ドイツは75㎡、フランス77㎡、アメリカ110㎡が平均です。世界的に見ても、日本の賃貸住宅はウサギ小屋もいいところです。「もっと広い部屋がいい」と3LDKや4LDKの部屋を選んでも、ひとつ一つの部屋が狭くて使いづらいだけ。今までの賃貸は部屋をグレードアップしようと思っても、選択肢がありませんでした。面積でいえば最高が70m台で、80㎡クラスの賃貸住宅はほとんどありません。家賃は地域によって変わりますが、50㎡クラスのマンションは東京都心では10万円以上はします。その2倍以上の広さとなったら、とてもサラリーマンには払えない金額の家賃になってしまいます。月々家賃に20万円以上かけるぐらいなら、一戸建てを購入するほうが賢明でしょう。広い賃貸マンションは一般の人には高嶺の花なのでしょうか?そんなことはありません。一般的なデザイナーズマンションとは違いスーパートラストマンションは、60~80㎡クラスのマンションが大半です。三重県において家賃は65㎡3LDKの物件で6万8000円前後。同じ地域で同等の物件に住もうと思うなら、家賃7万2000円ぐらいはかかります。さらに、信じられないかもしれませんが、スーパートラストマンションでは地下室つき92㎡の部屋の家賃が月8万円です。スーパートラストシステムを利用すればさらに安くなります。これからは狹い賃貸の時代に入ります。広いリビング、明るいキッチン、ゆったりと入れるお風呂。外壁もタイル貼りで、分譲マンション並みに立派な賃貸マンション……スーパートラストマンションは「広くて安くて超快適な賃貸マンション」を実現しました。